2016年04月30日

厦門の写真 その2 曾厝垵(Zeng Cuo An Village)

まず、写真アップします。

曾厝垵という文字だけを見ても、どういう意味か、中国人でもわからない。
簡単にいえば、ただ曾村という村の呼び方とのことだ。

厦門島南、環島路にある漁村だったが、
現在では民宿、こじゃれた店や飲食店、屋台などで観光客が賑わう定番なスポット。
古い建築以外はコロンス島になるものは、ここは全部あるという評判、
特に「文芸青年」系の若者に人気、という定説。


1603厦门-11.jpg
小さな寺の屋根の装飾

1603厦门-9.jpg
カキの炭火焼き、

1603厦门-8.jpg
天津栗

1603厦门-6.jpg
イケメン揃いの屋台

1603厦门-5.jpg
ボイル蟹

1603厦门-3.jpg
小さな寺の屋根の装飾 細部まで精細


posted by daydayup at 00:52| Comment(36) | 写真 | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

厦門の写真 その1 中山路

しばらく、というか、半年ぐらい更新していない。
この気まずさを紛らす常套手段として写真を数枚をアップします。

3月末に、厦門に初めて行ってきた。
あまり天気に恵まれなかったが、
日常の運動不足への不安も積りに積もったのだから、
朝から晩まで町で歩き回り、そして気まぐれにカメラを乱射した。

動車(高速列車)で深セン北駅から厦門北駅で約4時間弱。

そしてタクシーに乗り込んで、遠回りの環島路のルートを選び

海岸線の風景を眺めながら、厦門島を半周回て、中山路に到着した。


洋風な建物を連なる町並みに最初漢口の街の光景を重ねったが、

何処までも続く騎楼の廊下を歩いていくうちに、

南国に特有な開放感に似た放漫的な気分に浸りました。


よく言われていることに、厦門に4種類の建築スタイルが存在する。

それぞれ、騎楼スタイル、欧州スタイル、赤レンガ民居スタイル、嘉庚スタイル

以降の写真にも順次紹介しますが、

厦門旅の楽しみの一つはその多様な建築物を見物することだ。


そして、この厦門中山路は中国の中でも、騎楼スタイルを集中する町のひとつ。

騎楼とは、

中国南部、東南アジア、台湾など良く見かける伝統的な建築スタイル、

建物の二階部分を張り出した形で、アーケードとなしている。

厦門の騎楼の多くは1920年代に建てられた。

騎楼のスタイルに、西洋的な構造と装飾を加えられ、独特な情調をかもしだしている。

中山路が3キロほどでは商店や飲食店、ホテルと商業、観光の街となっていますが、

表通りから、ひとつ、ふたつ横丁に入り込めば、

騎楼の廊下に元来ある老人の工夫茶のようなのんびりとした営みを垣間見る。


1603厦门-17.jpg
厦門 中山路の裏町、同じく騎楼でも、華やかな表通りと対照的な趣を呈している。

1603厦门-13.jpg
厦門 中山路の外れ、

1603厦门-27.jpg
厦門 中山路 西洋風の建物

1603厦门-26.jpg
厦門 中山路 ちょっと離れた路地にある装飾を施した門前の柱、
黄色のプレートに 建築が老朽化により危険なので、入らないようにとの注意書きがあった。

1603厦门-24.jpg
厦門 中山路周辺にある裁判所

1603厦门-25.jpg
厦門 中山路周辺の裏路地

1603厦门-14.jpg
厦門 中山路

1603厦门-12.jpg
厦門 中山路の海岸側に位置する鹭江ホテル
1603厦门-321.jpg

1603厦门-238.jpg
厦門 中山路 メインストリートの夜景

1603厦门-237.jpg
厦門 中山路 メインストリートの夜景 なぜかロシアを連想されてくれた建物
1603厦门-235.jpg
厦門 中山路 メインストリートの夜景




続きを読む
posted by daydayup at 01:48| Comment(0) | 写真 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。