2015年04月16日

息子のようになりたい

DSC_3528.jpg

6歳半の息子がいます、
家族の生活の中心、
きっと自分を意識している以上に心の支えになっている。

僕の日本語能力ではちょっと子供の描写には無理があるので、
あまりブログに登場させていない
最近では仕事などでネガティブな疲れが溜まりやすい傾向にあって、
欲しかった「車図鑑」を手にした時の息子のキラキラ感が眩しく感じてしまう。
その溢れる好奇心と屈託のない笑みが少し分けて欲しいと本気に思う

今年42になりましたが、
それと言った取り柄がないが、万事丸く収まることにだけ少し自信がある
仕事上もそこそこ信頼され、趣味をつけようと思った写真もそれなりに嵌っている、
だが、やはり「不惑」には到底至らないのようで、
低調に陥ったときや、寝不足が続くと、
もしかして、僕はうつ状態かな と自信喪失に陥る、
このままの自分で本当にいいのか、とか
それほど深刻でもなさそうに悩み、タバコをふかす。
そういう時にふっとパパ、パパと呼ばれ、笑顔を見せられると
それだけで救われる。

思うには、「こどもっぽい」がより自然で、
それと対極に大人げには多少とも無理が含む、
万事を丸く収まるとなると、いくら心得があるとしても、
それ相応のストレスが貯まることになるはず、

じゃ、どうすればいいのか、
日系会社の長勤めのせいにしてきましょう、
気づき⇒反省⇒改善、
まあ、ようするに、
ストレスを溜まりすぎて爆発しないように、
何処の校長先生じゃないですが、
タガを外さずに、解放感を味わ手段を考える、
そうすると、事なきが保てるでしょう・・・

ところで、
今週の株式市場が嫌なムードを感じたので、
一先ず、総量の1/4を売り払った。





posted by daydayup at 02:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください